脱毛の知識

脱毛サロンと医療脱毛の違い

投稿日:

脱毛には大きく分けてサロン脱毛と医療脱毛の2種類があります。

どちらも気になる部分のムダ毛をなくす施術なのですが、どちらを選べばいいのでしょうか。

今回はサロン脱毛と医療脱毛の特徴についてまとめましたので、どちらが自分に合っているか選ぶ際の参考にしてください。

■サロンと医療脱毛の一番の違い

サロン脱毛と医療脱毛の一番の違いは脱毛機器です。

サロン脱毛では最高でも20ジュール以下の出力で光を照射しますが、医療脱毛ではその3倍の最大60ジュールまでの出力で照射ができます。

つまり医療脱毛のほうがパワーが強く、その分脱毛効果も高いと言えます。医療脱毛であれば、産毛までしっかり脱毛することができます。

もっとわかりやすく言えばサロン脱毛では10回〜18回施術を受けなければ脱毛が完了しないのですが、医療脱毛であれば5〜6回で完了します。

これだけ聞くと、断然医療脱毛のほうがいいように思えますが、効果が高い分痛みもありますし肌へのダメージも大きくなります。しかも料金もそれなりに高額です。

一方サロン脱毛はあまり痛みを感じませんし、脱毛回数を重ねれば着実に効果もでます。

■費用と通いやすさ

上述のように医療脱毛はそれなりの料金がかかります。
足や腕といった広い範囲の脱毛であれば、数十万円ほどかかってしまうこともあります。

安めの価格設定で医療脱毛をしてくれるクリニックもありますが、だいたい都市部に集中しているため地方の方はなかなか通えません。

一方サロン脱毛は数千円からととてもリーズナブル。

キャンペーンなどを利用すればワキ脱毛が500円で受けられることもあります。

もちろんどこを脱毛するかで変わってきますが、比較的安価です。

またクリニックと違って全国展開しているサロンがたくさんあるので、地方に住んでいても都市部と同様の価格でサービスが受けられます。

万一、都市部から地方に引っ越すことがあったとしても、一番近い店舗で引き続き通えるので安心です。

■サロン脱毛と医療脱毛の併用

これまで述べてきたように、サロン脱毛と医療脱毛にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

これを上手く利用して、サロンとクリニックを併用することもできます。

例えば、痛みを感じやすいVIO脱毛はサロン、早く脱毛を終わらせたい腕や脚はクリニック、という方法です。同じ部位でなければ併用することには何の問題もありません。

ほかにもサロンの格安キャンペーンを利用して、ある程度毛量を減らしてからクリニックで残った毛を処理するという方法もあります。

このようにいろいろな違いがある脱毛ですが、基本的に「安くて気軽に脱毛したい」のであればサロン脱毛「早く綺麗に脱毛したい」のであれば医療脱毛を選ぶとよいでしょう。

-脱毛の知識

Copyright© 本格肌知識 , 2017 AllRights Reserved.